『ASUKA』本誌で大人気★
究極の癒し系な宇宙人たちの、ゆるっとした日常を4コマでお届け!

よとしち!出張版はコチラ★

作品紹介
封神しない演義
サカノ景子
ストーリー
「封神演義」大好きな母親に女手一つで育てられた、大和さき。普通の女子高生だけど、何故か人並み外れた怪力の持ち主で、それが原因(?)で初恋すら未だの悩めるお年頃(母親譲りの貧乳も悩みのひとつ)。ある日、物置で探し物をしていたら、母親のコレクションとおぼしき巻物を見つけ、開いてみたら突然「封神演義」の世界にワープ!! ワープ先でさきを助けたのは、封神演義」の主人公と同じ名前のイケメンで…!?
グータラ美男“太公望”と怪力貧乳女子高生の、新説「封神演義」ラブコメディ!!
登場人物
大和さき(やまとさき) 大和さき(やまとさき)
現代日本の普通の女子高生(17歳)。ずば抜けた怪力と貧乳が悩み。「封神」オタク&天然ボケな母親がいるせいか、やたらしっかりした性格。
太公望/姜子牙(たいこうぼう/きょうしが) 太公望/姜子牙(たいこうぼう/きょうしが)
三代目太公望という使命はあるが、本人はヒモになりたい全力ニート。無駄にイケメン。日がな一日、寝ていたい駄目な人。極度の面倒くさがり。
四不像(すーぷーしゃん) 四不像(すーぷーしゃん)
太公望(姜子牙)の騎獣。とある事情で現在ミニサイズ。口は悪いが面倒見の良い、ツンデレタイプ。ぷにぷにしている。
   
book2017年3月号を立ち読みする
book2016年9月号を立ち読みする
book2016年5月号を立ち読みする